読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第100話 最終話

12月から始めた卒業制作、全4曲の録音が終わった。青さ全開の詞と曲で、22年間もの長すぎるモラトリアムの締めくくることができる。思えば下らなくて、ほとんどのことは忘れていて、それでも輝いた日々だったんだと思う。

100日分書いたこの日記も今日で終わりたいと思う。100話で終わりにすることはたしか80話のときくらいに決めていた。終わるときは、あまり人気が出なかった漫画の連載が突然終わるときみたいに唐突に終わりたいと思った。まあ、あれだ、飽きたんだ。

22歳になるまでの3ヶ月間と22歳になってからの数日。俺はどこにでもいる大学生だった。卒論を書き上げ、友達と遊んで、バイトした。悶々とした生活から抜け出すべく、一度辞めた音楽を再び始めた。音楽を作ることで自分と少しは向き合えた思う。新しい自分を知って、忘れていた自分を思い出した。完成した4曲を聞いていると、自分でも意図しない自分の表情が見えるような気がすることがある。

この3ヶ月間の記録が、このあとの自分の人生にとってどうあるかはまだ分からない。もしかしたら数十年後に読んで励まされるのかもしれない。先のことは分からない。

でもやはり過去のことよりも、未来のことよりも、ずっと大切なことは今自分が幸せかどうかであって、それを考えてみれば、この日記を終えた今の自分はすごく良い状況にいる。ワクワクして、自分の中の一つの期間を締めくくることができて嬉しい。

これでこの日記は終わりです。読者の皆、ありがとう。「ブログ面白いね」と言ってくれた人、実はこっそり読んでた人、俺はあなたが愛おしいです。俺が書いた文章が、あなたの生活に少しでも寄り添うことができたなら、とても嬉しく思います。