読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2015年11月13日

一体誰が使うんだろうと前々から思っている床屋がある。学校の学食の建物の二階にこじんまりとそれはある。ちょうど髪を梳きたいので今日はそこへ行こうと思った。目的はただ一つ。話題を作るためだ。しかし、朝からやらなきゃいけない作業が沢山あった。残念ながら時間がなくて行けなかった。だから、ここへは謎の床屋に行こうと思ったが行けなかった話しか書けない。謎は謎のままだ。まあそれでも良い気がしてきた。

ゼミの発表だった。論文の文字数間違えて恥ずかしかった。「ウーッカリこうちゃん!」ってギャグを用意しておけばこの場は笑いで何とかなったはずだ。全ては準備不足が招いた仇だ。

ゼミで飲みに行った。最近毎週ゼミで何かしらやってて楽しい。先週はアホみたいに安い俺のいきつけの中華料理屋に行った。今週はいせやだ。吉祥寺では有名な店だ。「俺がトイレ行ってる間に盛り上がるなよ」というふかわりょうインスパイアの一言ネタが生まれた。あと、3日前くらいの日記に書いたが、やはり俺の顔は変顔をするにはカッコ良すぎるようだ。残念だ。酒飲んでカラオケ行った。カトューンのリアルフェイスという曲は一番カッコいい。とにかく友人たちのおかげでここ最近はむちゃくちゃ楽しい。感謝している。

結構前、ミス理系の人に何の前触れもなくTwitterをフォローされた。むちゃくちゃ可愛かったので、むちゃくちゃ可愛いなーと思って眺めていた。今日の朝、高校時代の知人からfacebookの友達申請が来た。承認すると、「知り合いかも?」にそのミス理系が出てきた。どうやら高校時代の知人と繋がっているらしい。俺の直感が「これは運命だよ」と優しく語りかけた。俺も運命だと思った。世間はクリスマスに刻一刻と近づき、街には幸せそうなカップルが練り歩いている。期待を抱き、ミス理系に友達申請をした。これから始まる胸高鳴る日々を想像した。友達申請はそっと拒否された。率直に言って謎だ。あと、鼻の横に小さなニキビができたのも謎だ。世界は謎でできている。