読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2015年11月11日

車で草津温泉へ行くことになっていた日だ。朝、山手線の進む方向を間違え34分遅刻する。だが、Oは33分、Kは42分くらい遅刻してきた。交代で運転する。俺の家の車は外車なので国産車とウインカーとワイパーが逆だ。5回ぐらい間違えて恥ずかしかった。狙っている女とか乗ってなくて良かった。apple musicで皆の好きな音楽を聞きまくった。音楽はドライブのためにあると言っても過言ではないほど快適だった。途中、道の駅でLINEのアイコンとなる写真を撮ってもらい、焼きまんじゅう食べた。肉まんと塩パンも食べた。全て食べた後にだが、小麦粉の可能性に恐れ入った。草津に着く。以前も同じようなメンツで来たことがあった。かっこいい言い方をすると、過ぎ去った日々を懐かしんだ。別にかっこよくはない言い方をすると、どこも前に見たことがあった。うどんとまんじゅうと食べた。3時間かけて行き、3時間草津で遊び、3時間かけて帰って来た。帰りのパーキングで佐世保バーガー食べた。またしても小麦粉の可能性には恐れ入る。今日はマジでうまいものしか食ってない。胃もパンパンながら微笑んでいる気がする。

帰りの電車が人身事故でかなり長い時間止まるようだった。途中の駅で降りた。こういうときはイライラするよりも駅員にキレるよりも先に、家に帰って温かいお風呂に入るための方法を考えるべきだ。良き精神衛生を保つことを考えて、じっと電車を待つよりも、タクシーを使うべきだと思った。表通りでは人が多くてタクシーが見つからなかった。裏道に行くとここぞとばかりにタクシーが来た。ラッキー。しかもこの運転手がすごくできる人で、近道を駆使して目的地まで送り届けてくれた。びっくりするくらい早かった。これもひとつの人生経験だと納得し、タクシー代払った。

結果として今日は最高なことしか起きていない。